2010年04月13日

桜の色は・・・

お花見の季節ですね!
皆さんは、お花見を楽しまれたでしょうか?

桜を見ると、なんだか心が「ほっ」としますよね。
どうして桜は、私たちの心を「ほっと」ゆるめてくれるのでしょう?

桜の色は、濃かったり薄かったりと色々ありますが、
大概はピンクが主流ですね。

このピンクという色ですが、「あるがまま」という意味があります。
この「あるがまま」、出来るようでなかなか難しいのです。

私たちは、日々の中で、沢山のジャッジをしています。
例えば、遅刻してはいけない、間違ってはいけない、人を嫌ってはいけない・・・
ジャッジが多ければ多いほど、私たちは自分が作った枠にとらわれて動けなくなってしまいます。

「あるがまま」とは、遅刻をしても、間違っても、人を嫌っても、その全てに良い悪いと判断せずにいるという事なのです。
ただ、遅刻することなどを肯定しているわけでもありません。
ただ、その事実がそこに、ただ、起こっただけと観ていくのです。

そんな風に物事を観ていくと、人に対しても物事に対しても、
「あるがまま」を受け入れられて、生きていくのが楽になっていきます。

桜を見て心がほっとするのは、私たちが「あるがまま」生きる事を思い出させてくれるからなのかもしれません。


自分を発見する カラーセラピー(オーラソーマ)レギュラーコース

レイキヒーリング

カウンセリング・その他のセラピー情報はこちら!

writer 浜崎瑞穂  日本心理教育コンサルティング



シアバター 桜

シアバター 桜

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品




ビッグギフト 春うらら、桜風呂ギフト

ビッグギフト 春うらら、桜風呂ギフト

  • 出版社/メーカー: ビッグギフト
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



ラベル:セラピー 色彩
posted by counselor at 20:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラーセラピー(オーラソーマ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。