2009年07月02日

色と光

7月になりましたね。梅雨が明けるのはもう少し先になりそうですが、しばらくすると光の降り注ぐ夏がやってきます。

光は、全てを色鮮やかにうつしだします。光があることで、私たちはそこに「色」があるとわかります。ただ、「色」はどんなにキレイでも光がなければ、そこに「色」があると知ることも見ることもできません。

私が行っているオーラソーマは光と色のセラピーです。
人間のことを「Hue-man」(ヒューマン)と言います。
Hue=色 man=人 つまり、人間は色の人であるとも言えるのです。

オーラソーマでは、2層に色が分かれたボトルを選んで頂きます。選んだボトルは、その人自身を表します。そのボトルの意味を理解したり、感じたりしていくことは、自分の「色」を知っていく、つまり自分自身に光をあてていく事になります。

光をあてていくと、たくさんの、まさに色々な自分に出会い、新たな自分の魅力を再発見!できるかもしれませんね。

writer 浜崎瑞穂


カラーセラピー(オーラソーマ)レギュラーコース

カラーセラピー(オーラソーマ)

数秘術とカラーセラピー





posted by counselor at 22:01| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カラーセラピー(オーラソーマ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。